13の抹茶です @mokha_trogy
これはrogy Advent Calendar 2015の13日目の記事です。


ゲームを作るならC++一択だと思っていませんか? 
まぁでもC++はいいやつだよ。 
他の選択肢もあるよ、ってことでGoJavaScriptの2つを紹介します。という感じの記事です。
Javaもいいやつだよ。

Goはcgoというものがあって、Cのコードを利用できます。OpenGLOpenALバインディングが有志によって作られています。

JSならWebGLWebAudioAPIが扱えるのでゲームを作れます。

わーい。

おしまい。

現在Go でゲームを作ろうとしている途中なので、バリバリ書けるわけじゃないんですが、ゲーム制作という視点で良さそうだと思ったことを書いていきます。 

TL;DR

↑この見出し文使ってみたかった

長くなるので、グローバル理工人なので、最初にまとめを書くと、

C++嫌ーでもパフォーマンスは欲しい → Go  
並行処理したい → Go  
Webでサッと公開したい → JS  
ライブラリでサクッと書きたい → JS  

どちらの言語も実はサーバーを書くのにも強いので、
ネット経由でマルチ対戦できるゲームを作りたければクライアント側と言語が統一できて良いです. 続きを読む