東京工業大学 ロボット技術研究会

東京工業大学の公認サークル「ロボット技術研究会」のブログです。 当サークルの日々の活動の様子を皆さんにお伝えしていきます。たくさんの人に気軽に読んでもらえると嬉しいです。
新歓特設ページ        ロボット技術研究会 HP        ロボット技術研究会 twitter公式アカウント

イベント

「ロボット技術研究会」通称「ロ技研」は、その名前の通りロボットの制作や研究はもとより、電子工作や機械工作、プログラミングなどの幅広い分野にわたるものつくり活動を行っています。

カテゴリ一覧: loading

RPGツクールMVでのシューティングゲーム作成について

こんにちは、13の折重です。今回はrogy Advent Calendar 2016の16日目として記事を書きます。
凄い更新が遅くなってしまって申し訳ないです。アドベントカレンダーは日付が変わった瞬間に投稿するのが普通っぽいですよ奥さん

 screenshot
こんな感じのを作ります

の前に宣伝とか

Advent Calenderに登録した時書くことが決まってなかったので記事概要みたいなところに超ナメたこと書いてますね、すいません。実際何も考えてなかったわけではなく逆に色々考えてて、一回書く内容変えたりしてます。じゃあ前まで何書こうと思っていたのかというと、今までのゲーム制作についての色々です。それは結局別の機会に書くことにしたので今回はこっちを書くことにしました。

とここで宣伝。
来るコミックマーケット91にて、我々ロボット技術研究会もサークルとして参加し、有志による記事をまとめた部誌を発行することにしました。そしてそこに僕も「学園祭におけるゲームプレイの観察」と題して寄稿しております。興味がある方は是非買って読んでみてください。スペースは木曜日(12/29) 西地区 "ほ"ブロック41bです。

ここから本題

今回の記事について

今回はシューティングゲームを作る過程で、RPGツクールMVの仕様とプラグイン作成について紹介していこうと思います。
RPGツクールMVはRPGツクールシリーズの最新版で、誰でも気軽にRPGを制作することができます。更にMVからはHTML5をベースにすることによりブラウザで動作するゲームを簡単に作れるようになりました。また、今回扱ったようにプラグインによる拡張でシューティングゲームを作成できるなど、非常に広い汎用性を持ちます。
ゲームエンジンならばUnityなど他のものもあるのではないかと言われるかもしれませんが、RPGツクールはRPGであれば特別な知識などなくても簡単に作成できますし、先ほども言ったようにHTML5がベースなのでwebなどでの公開も簡単で迅速(当然公開場所は自分で用意しなくても公式に用意されています)、更にJavaScriptでプラグインが作成できるため拡張性も高くweb関係の機能の実装とも親和性が高い、という利点があります。今回のようなシューティングゲームを作るようなのはできなくもないだけで極端な使い方ですが、基本普通のRPGを作りそこに独自の機能を追加したいというのには非常に向いていると思います。
シューティンゲームにした理由ですが、バイトでRPGツクールを使って色んなものを動的に生成したり意味不明な使い方を色々したんで、もしかしたらシューティング作れるんじゃないのかって思ったことと、僕が好きなジャンルだからなのと、なんとなくゲーム制作初心者向けってイメージがあるからです。シューティング作れればあらゆるジャンルのゲームが作れますよ、多分。

前述したように筆者はRPGツクールMVを使用しはじめたのが今年の4月から(しかもバイトは月数回)、ついでにJavaScript経験もそれに毛が生えた程度なので不格好なコードもあるかもしれませんが、これからRPGツクールを使いたい人、現在使っている人の助けに少しでもなれれば幸いです。あとバイトを引き継ぐ人が決まったら読んでもらいたいです(主目的)

前提

前置きが多いですね、申し訳ないです。
今回の記事ではJavaScriptについての説明はしません。必要なJavaScriptの知識は各自で勉強してください。すいません。
またクラスがどうとか言っていますがprototypeを使用してクラスっぽい実装をしています。継承って言ったらプロトタイプチェーンを利用してメソッドを親クラスから引き継いでるんだと思ってください。なんか最近JavaScriptにclass構文が実装されたそうですが、RPGツクールでの実装が全てprototypeになっているのでそれに倣います。もしかしたら次のRPGツクールでは実装が変わっているかもしれませんね。というかクラスに限らずRPGツクールの元からの実装に倣っている部分が結構あります。

オリジナルシーン、ウインドウの作成

シーンは、RPGツクールではrpg_scene.js内で定義されており、Scene_TitleやScene_Map、Scene_Battleなどがあります。今回はシューティングゲームということでScene_Shootinを作成したいのですが、基本的にはRPGでのマップ画面とあまり変わらないのでScene_Mapを継承したScene_Shootingクラスを作成することで実装します。
Scene_Shooting.jsとうファイルをpluginsフォルダの中に作り、以下を記述します。

Scene_Shooting.jsに追加

ここまでで保存し、いったん動かしてみます。プラグインを使うにはRPGツクールのエディタ側でツール→プラグイン管理からプラグインを追加しなければならないので忘れないようにしましょう。動かしてもScene_Mapと全く同じ機能を持ったScene_Shootingが代わりに呼ばれるだけなので見た目は全く変わりません。
では少し変更を加えていきます。まず既存の関数をオーバーライドし書き換えることで不要な画面遷移やウインドウ表示などをしないようにしてしまいましょう。

Scene_Shooting.jsに追加 

ここで実行してもまだWindow_SideMenuクラスを作成していないためエラーが出ます。
というわけでウインドウを作っていきます。シューティングゲームにおいてスコアや残機を表示するウインドウです。
ウインドウはrpg_window.jsというファイル内にたくさん定義してあり、それをシーンに追加していく形で表示します。ウインドウ自体が表示する画像や文字などの内容や大きさの情報を持っており、シーンからはウインドウ作成時に表示位置を指定するのみです。新しいウインドウを作成したいと思ったらそれを実現するウインドウクラスを新しく作成してあげましょう。場合によってはそのウインドウを表示する用の新しいシーンも必要になるかもしれませんね。
rpg_window.jsには色々なウインドウのベースとしてwindow_BaseやWindow_Selectableなどがあります。今回は選択肢は必要ないのでWindow_Baseを継承し新たにWindow_SideMenuクラスを作成していきます。

Scene_Shooting.jsに追加

というわけでここまでで自作のシーンとウインドウを追加することができるようになりました。これだけでもかなり制作の自由度は上がるかと思います。

自機の作成とSpriteの追加

次はプレイヤー周りをいじっていきます。と言ってもやることはあまり変わらないです。 
プレイヤーに関する記述はrpg_object.js内に書かれています。rpg_object.jsはその名の通りゲーム内に出てくるオブジェクトについての記述がなされています。マップに表示されるプレイヤーに関してはGame_Playerクラスに書かれています。

まずGame_Player.jsというファイルを作成します。この中でGame_Playerクラスの関数を改変していきます

Game_Player.jsに追加 

RPGでの移動はマス目単位ですがシューティングではその必要はないので毎フレーム移動し進行方向のマス目の状態を確認する部分なども削ります。これだけだと超高速移動をしてしまうので移動距離の計算部分も変更します

 Game_Player.jsに追加 

これでシューティングゲームのように動きました。最後に向きを上向きに固定します。移動処理を書き換えたタイミングでキャラの向きの更新の処理も消してしまったので初期化する時方向を上向きにしてあげれば大丈夫です。

Game_Player.jsに追加  

これで自機を動きはできました。え、なんかデフォルトだと仲間が3人くらい表示されてる?忘れるなかれこれはRPGツクール、そこらへんの設定はエディタ側でできます。ツール→データベース→システムから初期パーティを変更してしまいましょう。

自機をシューティングっぽく動かすことができたので、次は弾を出せるようにしていきたいと思います。ですがその前に、ここでRPGツクールの描画の仕組みについて少し触れます
RPGツクールは画像の描画にpixi.jsというライブラリを使用しています。rpg_core.js内のSpriteというクラスがpixi.jsを用いた画像描画を行う上でのラッパーのような役割をしており、rpg_sprite内にあるSprite_CharacterやSprite_ActorクラスなどがSpriteクラスにゲーム内で扱う上で必要な機能や情報を目的ごとに追加したものになっています。更にrpg_sprite.js内にはSpritesetというSpriteをまとめて管理するためのクラスがあります。各シーンはこのSpritesetを持っており、ここにSpriteを追加していくことで画面に描画するものを管理しています。
実はRPGツクールはマップのロード時に必要なオブジェクトの画像なんかは全てロードしてしまい、まだ発生しないイベントなんかも画像非表示になっているだけでマップには存在していたりします。RPGなので当然と言えば当然なのですが、そのためオブジェクトの動的生成は少しやりずらかったりします。色々がんばるとできます。 
今回Scene_ShootingはScene_Mapを継承して作成したため、Spriteset内のtilemapにSpriteを加えていきます
 
Scene_Shooting.jsに追加

これを呼ぶことによって描画対象を追加することができます。

弾と弾幕の作成

弾クラスと、それを管理する弾幕クラスを作成することにより実装することにします。自機や敵キャラはそれぞれ1つの弾幕クラスを持つようにします。弾については、Game_CharacterBaseクラスを継承したGame_Bulletクラスを弾クラスとして作成します。RPGツクールではマップに表示されているキャラや扉なんかのオブジェクトは基本的にrpg_objectにあるGame_CharacterBaseというクラスを継承しています。Game_CharacterBaseでは画像や座標などの情報を持っており、座標を変更すると勝手に描画位置も変わるなど、ゲーム中の視認できる物体を扱いやすくしています。弾には無駄な情報も多いですが楽なので利用します。
まずGame_Bullet.jsを作成しクラスを作成します。プラグイン追加も忘れずに。

Game_Bullet.jsを追加 

基本的には初期化関数やアップデート関数をオーバーライドしているだけですが、initialize()内でsetParams()を、refresh()内でsetImageData()を読んでいます。これらは弾の当たり判定の範囲や画像データなど弾固有の情報を初期化するものです。後ほどGame_Bulletクラスを継承して新たにクラスを作成する時にまた説明します。

これで一応弾を出すことができるようになりましたが、まだ生成部分の処理を作っていないので画面は何も変わっていません。試しに入力をされたらプレイヤーが弾を出すようにしてみましょう。

Game_Player.jsに追加
 
既存のupdate関数を以下のように変更

これでZキーを押すとなんか変な光みたいな画像が表示されたと思います。まだ移動処理なども書いてないのでその場から動きませんが。SceneManagerはRPGツクールのシーンを管理しており、グローバルに定義されているのでどこからでもアクセスできます。内部に現在のシーンを保持しているのでそこからAddSprite関数を呼び出しましょう。
次はこれらの管理をする弾幕クラスを作成していきます。これは特に実体もなく画像もいらないので全て自作してしまいます。ひとまずの実装を書きます。プラグイン追加も忘れずに。

Shot.jsに追加 


addBullet関数でShotクラス内のArray配列であるbulletsに弾を入れ、同時にスプライトも登録してしまいます。
これは弾幕全体のスーパークラスであり、これを継承して更にPlayer_ShotクラスとEnemy_Shotクラスを作成します。generate関数やcollide関数、controlBullet関数は継承した先でオーバーライドします。
というわけで、Player_Shotを作成して自機についての処理を完成させてしまいましょう。

Game_Player.jsに追加


update関数を以下のように書き換え

これで先ほど表示された光が前方に向かって飛んでいくようになったと思います。ただし弾が画面外に行くようになってしまいました。現状画面外にある弾がいつまでも表示されているので、これを削除するようにしたいと思います。

Scene_Shooting.jsを変更
update関数に以下を追加

これで弾が消えるようになりました。以降衝突などで弾を消したいときは弾のqctiveの値をfalseにしてあげれば勝手に消えます。
 
現状Game_Bulletクラスに書いたてきとうなパラメーターの弾を生成していますが、自機用にGame_PlayerBulletクラスを作成しそれを生成するようにしましょう

Game_Bullet.jsに追加

Game_Player.jsを変更
generateEvent関数を以下のように書き換え

はい、画像が変わったと思います。弾の種類を増やす時はsetImageData()で弾の画像を、setParams()で弾の情報を書き換えるだけで増やすことができます。

ここまでで自機の実装と、基本的な機能の実装ができました。

次は敵と敵弾幕を実装...と言いたいのですがぶっちゃけここからはただのゲーム作りになってしまうので説明は割愛します。時間もないですし......
せっかくなので実装した部分までのソースコードはgithubに公開しておきます、記事の最後の方にあります。微妙にブログ用に修正したのと違いますが。敵の実装とかがすでに適当なのであまり参考にしない方がいいです。あとあくまで説明用に作ったものなのでゲーム部分はかなり適当です。当たり判定とかもっと色々できそうですね。関数は用意してありますしシューティング作りたいと思った方は自分で実装してみてください。
あとはエフェクトとかもつけてもいいかもしれませんね。弾から当たり判定抜いたものを作るだけで実装できそうです。というか弾のrangeを0にするだけでエフェクトと言い張れなくもなさそうです。

補足

RPGツクールはF2キーを押すことでFPSを表示させることができます。デフォルトは50FPSでいじる方法があるのかは知りませんが、それで見た感じかなり弾を出してもFPSは維持されていました。画像にこだわったりしたらブラウザで動作するかなり本格的なシューティングゲームが作れるのではないでしょうか。
他にもデバッグ用の機能が色々あるっぽいのでとりあえずファンクションキーとか押しまくってみるといいと思います。

では結構な長さになってしまいましたが読んでいただきありがとうございました。
明日はJpREOTTOくんによるまったり🍵とした内容を書くばい(放課後~)です。
 
Github
https://github.com/OrishigeMasato/RPG_ShootingPlugins
 

スパッタリングをやってみた                         かった

こんにちはっ! たくあん(@matiouke)です.約一年ぶりの記事です(一年前の記事はこちら).こちらはrogy Advend Calendar2016 9日目の記事となります.

今年一年はアレやコレで失敗続きで,なかなかブログにまでこぎつけませんでした.でも大丈夫!  今回はブログ記事のために1カ月準備して,しかも確実にできる内容ですから! がっはっは

注意

 この後失敗した話が続きます.

注意2

 技術記事じゃないです.当初は技術記事の予定だったんだけど,ねえ? それとこの記事に書いてある内容を参考にする場合は当然すべて自己責任でお願いします.

スパッタリングって?

 スパッタリングをご存知でしょうか? 理系の中では知っている方も多いでしょう.簡単に言うと,「電気の力で原子を加速,ターゲット(だいたい金属)にぶつけてはじき出し,基板(目標物)に蒸着させる(くっつける)」という加工技術です.この技術はmemsnems(マイクロメートルやナノメートルの大きさの電気機械)に用いられます.回路とか機械要素とかね.微細な金属の蒸着の中で,スパッタリングの特徴は,
・付着力が強い
・合金の蒸着も可能
・成膜が緻密
あたりが挙げられます.って授業で習った.
授業中,うつらうつらしながらふと思ったのです.この技術を使えば,年賀状を金ぴかにできるかも!? ロボットの塗装代わりに使えるかも!?(明らかにオーバースペックだけどね.ロマンロマン)

ならば

  やってみよう! 今回はそういう記事.

なんと! 我らが東工大にはスパッタリング装置があるのです!

スクリーンショット (257)
ばーん

 てな訳で講習会に予約.ターゲット用にアルミニウムとか真鍮を用意して,基板にMDFやアクリルやステンレスを用意して,ワクワクドキドキ…….えっ1時間500円? 講習会5時間? うう……仕方が無い…….まあ今回はスタッフの方と一緒にやるわけだから,絶対にうまく行くし.

そんなわけで 

講習当日

「研究室に所属していないと使用は認められない」 










~完~








使用が認められない理由

 作業者がケガをしたり,工作機械を壊してしまったときに,責任を取れる人がいないといけない,という至極まっとうな理由でした.ものつくりセンターにはお世話になっていますし,尊敬しています.この判断が間違っているとはまったく思えません.ただ,ガッカリ.

以上が前置きで 

出来る男は第二第三の手段(逃げ道ともいう)を持っておくものです.今回やりたかったのは年賀状とロボットを金ぴかに! でした.よって以下記事タイトルを変えます.

どうやったら紙やアルミニウムに金ぴかな表面皮膜を作れるか?


答え
IMG_20161203_231345[1]
東急ハンズでポイポイ買ってきました

 こちらは吉田金糸店スタンピングリーフというもので,上からアイロンをかけると下に金ぴかが移るよ! というものです.金膜を移せる場所はレーザープリンタで印刷したところ,あるいは糊付けされたところだけです(簡易版シルクスクリーンみたいなもの).糊(普段は乾燥している)層,金膜層,フィルムのような構造になっています.詳しいやり方は公式にお願いするとして,指示に従って進めていきます.レーザープリンタは安心と信頼,セブンイレブン・マルチコピー機で行いました. とりあえず紙に転写してみましょう.

IMG_20161205_015029[1]
 ひとりぼっちの地球侵略を個人的に応援しています

なかなか綺麗に印刷できました.じゃあ今度は年賀状でやってみましょう.まあ失敗する余地はありませんがね.セブンイレブン・マルチコピー機を用いて,
IMG_20161204_183441[1]
こちらの住所は大学の住所であり,部室まで届く保証はありません

この文字を金ぴかにしてやりますぞい……ほいっ!
IMG_20161204_183855[1]
 転写失敗? 文字がボケている?

失敗しました .原因は今のところ謎です.実はハガキ印刷だけはインクジェットだったとか? 加熱時間が長すぎたとか? ハガキの紙質が悪いとか?(吉田金糸店ではサンプル例にハガキがあるので,多分自分のミス)

 まあ,まあ…….別に年賀状が金ぴかでも,送る相手がいませんから.年末の忙しい時期,あまり考察している時間はありません.次に進みましょう.

スタンピングリーフを紙以外に転写する

 スタンピングリーフをこうやって利用すると,転写しなかった部分はシートが残ります.こちらを使えばプリンターを使えないところにも印刷ができます.これでアルミニウムの板に金膜を貼ってみましょう.
IMG_20161204_002106[1]
ちょっとしわくちゃになっちゃっているけど

これの裏に金膜接着用のスプレーを付着させ,アイロンで温め,フィルムをはがせばいいんです.ただ手元の密着スプレー(SOMAY-Qのミッチャクロンマルチクリヤー)では全然くっつかない(そもそもそういう用途ではない)ので,今回は普通のスティックのりを使いました.目標となるロボットの前に,紙に刷ってみると
IMG_20161204_190906[1]
割と綺麗っぽい.が,スティックのりが焦げるので対策が必要かな

本命のアルミに刷ってみましょう(表面は磨いたりは一切していません).
 IMG_20161205_021231[1]
おおおん……

失敗

 

ではあるものの

 いくらかこれには対応があります.一つは糊層,金膜層,フィルムとある内,フィルムをはがす工程を省く,ということです.
IMG_20161204_012740[1]
まあ綺麗

 あるいは透明なレーザープリンタ対応のシールに印刷して貼り付ける,トナー・アイロン法でトナーをアルミ板に張り付ける(こちらより.スチームパンク大百科Sは小物作りのDIYで非常に参考にしています.)等が行えます.それともスタンピングリーフをやめて,カッティングマシン(手前味噌な記事ですが)を使うとか,アルマイトとか.アルマイトはマスキングが難しいですが.

 ただ,いずれの方法にせよ,密着力はあまり強くありません.金属の表面にがっちり皮膜をつけることの難しさを実感しました.

なんだそのオチ

 長々とした記事になりましたが,いい感じの結論はまだでていません.自分はロボワン(1~5kgの二足歩行ロボットの格闘技)をやっていて,その装飾に使える技術を手に入れたいのですが…….

とは言え,せっかくここまで読んでくれた方にはせめて有益な情報をお伝えしたい……! 今回のアレコレで得られた知見が一つあります.では皆さん,まずはファミマに行きましょう! そしてファミマのマルチコピー機,famimaPRINTから~
IMG_20161205_210326[1]
おたくコンテンツが印刷できる!

当方AdC記事,これを楽しみに,年末のお祭り に備えましょう!

明日のAdCはisskさんの,vulkanについてです. 

以上,たくあんからでした~.
※12月9日 タイトル修正しました

年末に悔いを残さないための振り返り

部長のまーぼう(@mabo_207)です。
これはrogy Advent Calendar 2016の2日目の記事です。 (その2もありますよ!どんどん書いていこう!)

1日目の記事はこちらです。これから書く人はタグ付けやカテゴリ分けを忘れないようにね。

さて、今年もAdvent Calendarをやる事になりました。2日目は部長として今年の振り返りをしたいと思います。大晦日の「今年は〇〇な年だった」を早めにやってしまい、年末はこたつに入って何も考えずダラダラしよう、という魂胆です。

例年、ロボット技術研究会の部長は1月に替わるようで、私も今年が始まっていきなり部長に就任しました。

4月は新入生が入学し新歓を行いました。14・15世代の新入部員が他の代に比べて非常に多く、入部員数はそれらよりは少なかったのですが、9月のF^3RCでは例年より精力的に活動しているように見えました。

10月の工大祭では、例年の教室展示と違い体育館での展示になりました。トラブルもそこそこありましたが、多くの人が来場して下さり、良い展示になりました。


今年あった大きなイベントというのはこのような感じでしょうか?まとめると、「例年通りの活動をしてました。ということです。今年、部に大きな変化は特に無く、平和な1年でした。平和っていいね!( b'ω')b



続きを読む

Adventの意味するところ

こんにちは.14の夕天(@vivid_force42)です.
これは rogy Advent Calendar 2016 1日目の記事です.

昨年に引き続き,rogy Advent Calendarを開催いたします.
クリスマスまでの25日間,ロ技研民の記事をお楽しみ下さい.

実は去年登録しそびれたためにAdCとしての記事を投稿できていなかったのです.
クリスマス当日にハックを仕掛けた記事がこちら
今年はちゃんとAdCの記事として書きます.

実は rogy Advent Calendar その2 もあるので,こちらもよろしくお願いします.
また登録者がいないので,ロ技研民も積極的に書いていきましょうね!!

ところで,Advent Calendarの本来の意味はご存知でしょうか?

Advent Calendarとは,キリスト教において12月1日からクリスマスまでの25日間,毎日一つずつ窓を開け,イエス様の降誕を待ち望むカレンダーです.(画像はAmazonより)
 51gWJQvw0FL

せっかくの機会,アドベントカレンダーの"Advent"について書きたいと思います.
(初日に書きたかったので,譲ってくれた@yosupotありがとうな)

ロ技研は関係ないですけどね.


”advent"とは,「出現」「到来」という意味の名詞ですが,カトリック的には「キリストの降誕」「待降節」などを指します.この場合は”Advent”と頭文字は大文字で表記されます.

世間は先月からクリスマス🎄ムードですが,カトリック的には11月末から始まります.
降誕節(クリスマス)までの期間は待降節と呼ばれ,主の降誕の前日の「前晩の祈り」つまりクリスマス・イブの日に終わります.

待降節はキリストの「第一の来臨」,すなわち「降誕」を追憶する祭典のための準備期間であると同時に,「第二の来臨」,終末のときのキリストの再臨を待望するものでもあります.

クリスマスがキリストの誕生日という話は有名ですし,もはや一般常識として認識されている話でもあるでしょうから,前者については用意にご理解いただけるでしょう.

後者の「第二の来臨」について.
終末とは,争いか天災か,世界の終末を意味します.
そして,カトリックにはA,B,C年の3つがあり,毎年待降節の直前に切り替わります.そしてその年の切り替わりとなる待降節の直前から,終末におけるキリストの再臨への待望が祈られます.

そして待降節が終わればキリストの降誕を祝うクリスマスとなります.
クリスマスはキリスト教の中でもイースターと並ぶ一大行事です.
(ちなみにイースターは復活祭です.)

クリスマスに予定がないとか何とか言ってないで,一度教会に足を運んでカトリックとしてのクリスマスを体験してみてはいかがですか?
(別に宣教活動とかではありませんので,お気軽に.)


最後に(たぶん)有名な聖書箇所を.

天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。 
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。 
あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」 
すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。 
「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」  
(ルカ  2章10-14節)

参考
・カトリック中央協議会 http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/index.htm
・東京大司教区 http://tokyo.catholic.jp/ 

工大祭2016

こんにちは、部長のまーぼうです。
工大祭から1ヶ月ほど経ってしまいましたが、工大祭の報告をしたいと思います。

まずは展示を見に来てくださった方々、本当にありがとうございました。
例年と違い今年は体育館での展示となり、いつもと変わった展示風景になっていたと思いますが、例年以上の楽しい展示企画となったと思います。今年は特には賞は貰えなかったですが、アンケートを見る限り多くのお客様に満足していただけたようで良かったです。

展示物の動画を上げられたら良かったのですが、まだ準備ができていないのでしばらくお待ちください。動画をアップロードしたらURLを追記したいなと思っています。



 続きを読む
ギャラリー
  • ABUロボコン結果報告
  • スマホから部屋の電気をつけてみた
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • たのしいロボット帝国 製作物紹介
記事検索
最新コメント