東京工業大学 ロボット技術研究会

東京工業大学の公認サークル「ロボット技術研究会」のブログです。 当サークルの日々の活動の様子を皆さんにお伝えしていきます。たくさんの人に気軽に読んでもらえると嬉しいです。
新歓特設ページ        ロボット技術研究会 HP        ロボット技術研究会 twitter公式アカウント

2015年04月

「ロボット技術研究会」通称「ロ技研」は、その名前の通りロボットの制作や研究はもとより、電子工作や機械工作、プログラミングなどの幅広い分野にわたるものつくり活動を行っています。

カテゴリ一覧: loading

新歓展示やってます。[ロボットから電子工作、ゲーム制作に物理学まで]

はじめまして、記録係です。

ロ技研のイベントで写真を撮り続けている人間です。

ロ技研では8日に新歓イベントの一貫として新歓展示を行いました。

新歓展示は明日、9日16:50からもS516にて行われます。

8日の展示は、


DSC_2464
この通り大盛況でした。(プライバシーの為ぼかしを入れてます。)


展示の一部紹介です。
 DSC_2471DSC_2473
ロボットだ!ロ技研の花型ですね。


DSC_2467
電子工作。Tada Dousa-surudake no 4bit CPUです。


DSC_2475
ゲームです。10作品も展示されている模様。アクションからパズルからからRPGまでありました。


DSC_2486
ん?



やさしい先輩方から、テクニカルな話を聞けるかもしれません!
DSC_2491



明日もぜひいらしてくださいね。お待ちしております。



 

WebGLとnode-webkitでminecraftを作る

13の抹茶です.

抹茶おいしい抹茶!


明日は新歓展示ですね!!!!!
新歓ページ
ぜひ来てください!!!!!!!


それはさておき、だいぶ前ですが、2/22のGAME^3というロ技研主催のゲーム製作者の交流イベントに参加しました.

GAME^3については、以下を参照.
ゲーム製作者交流会「GAME^3」レポート

WebGLとnode-webkitで作ってるminecraft的なものの作りかけを展示しました.

明日の新歓展示にも出します.

すらいど


ゲームとしては機能的にまだまだなのですが、WebGLというもの、node-webkitというものの技術紹介になればいいなーと思います.

GAME^3でも展示していて、初めて知ったという方が多くいらっしゃいました.

今の時代、いろんな技術が次々生えてくるので、全てに注目するのは大変ですよね.

ロ技研では、様々な分野に関心をもって活動している人がたくさんいます.

ロ技研には、新しい知識や技術を共有できる環境があると思います.


それはさておき、私はminecraftというゲームが好きです.
さくらVPSを借りてサーバー建てるぐらい好きです.
サークルの人達とマルチプレイできる、これもまたサークルのいいところですね.

おしまい

【AIの旅】追跡、群知能に挑戦した。

初めまして僕ロギーくんだロギ~


捨て置いて、こんばんは、アカテツ科です。 

めっちゃ突然ですが人工知能(AI)あるじゃないですか、最短経路を求めたりするアレです

HAL_9000とかSiriとかそういうのです

その内の一部として、LOS追跡やBoidsってのがあるんです 

オライリーの「ゲーム開発者のためのAI入門」なる本の序盤を読んでてよさ気だったのでUnityで シミュレーションすることに挑戦しました。以下がその道程です。



◆LOS追跡
LOS追跡とは、要するにただの追跡である。
まずそれっぽい物体を用意
この船的な物体にRigidbody2Dを付け、物理動作を実現。
船的な物体は、直進するための推進力と、曲がるための操舵力のみを持っている。(任意の方向に力をかけることが出来ない。)
boatc
この場合、追跡したい物体を向くように操舵力をかけ、距離に比例するような感じで直進すれば良いだけ。
以上、色々と調整したら、こうなった。

los
お~ちゃんと追いかけている。かわいい。






◆Boids(フロッキングアルゴリズム)
渡り鳥は集団で飛んでいる。そして集団で一斉に向きを変える。そんな集団の動きをシミュレーションするのがBoidsである。

3つの規則がある。

1・結合: 各ユニットを隣接ユニットの平均位置に向かって誘導する。
2・整列: 各ユニットの向きが隣接ユニットの平均的な向きになるように誘導する。
3・分離: 各ユニットが隣接ユニットのと衝突しないように誘導する。 

先ずそれっぽい物体を用意
この船的な物体にRigidbody2Dを付け、物理動作を実現。
この船的な物体は、直進するための推進力と、曲がるための操舵力のみを持っている。(任意の方向に力をかけることが出来ない。)
hune
船には視界がある。(図の赤斜線の部分) 

この範囲内に入った物体の位置と速度を調べて平均値を出した後視界内物体の数で割って平均の位置と向き情報を入手する。その向きと位置に行くように推進力と操舵力をかければ結合と整列ができているはず。
分離、これは船的な物体に近付き過ぎたら遠ざかるような操舵力をかけることで可能らしい。
以上、色々と調整したらこうなった。
無題
お~集団行動してる。かわいい。


 プレイヤーが赤い物体を動かしている。他の全ての物体は赤いのを先頭とした集団についていっている形となる。結合と整列はできていると思われる。しかし、

ray2
 
この密集率!「分離」が上手く行ってない! AIの難しさを感じさせられた。





でも眺めていると、スイミー的な何かを感じますね。かわいいと思います。 

BoidsはUnityGameUploaderにアップしたので実際にやってみて楽しんでください。
http://unitygameuploader.jpn.org/game/4383.html 

新歓展示でも展示します。新歓展示は4月8日と4月10日S516にて! じゃんけんに勝ち続けるゲームもよろしくお願いします。



( ͡° ͜ʖ ͡°)AIを感じていただければ

( ͡° ͜ʖ ͡°)幸いです。 




ご清聴ありがとうございました。 



次回は何スターのアルゴリズムなんだ、、、、

新歓展示のお知らせ(と蔵本モデルシミュレーター)

花の落ちてしまった桜、まだ制服に着られている新入生―

もう4月ですね。就活真っ最中のニックさんです。
さて、4月といえば新入生シーズンなわけですが、ロボット技術研究会では新入生のための活動をいろいろやるそうです。
詳しくは上記リンクの新歓特設サイトを見てくださいね。

特に4/8(水)13:30 ~16:304/10(金)16:30~18:00にはS516の教室で新入生のためのロ技研展示会(新歓展示)を行う予定です。
もの作りサークルに興味があるな~って新入生の方は見学に行くと良いのではないでしょうか?



さて、新入生歓迎ムードのロ技研ですが、その裏では新歓展示の為に修羅場る部員が見られます。
僕も毎年なんか展示しているのですが、今年は就活ということもあって少し展示に足踏みしていました。
しかし、学生最後の新歓展示という事もあって、1週間程度で作品を作ってみました。偉い!
蔵本モデルシミュレーター


モダンでフロントエンドな事をやってみたいなぁ~って思ったのでjade,less,JS(CoffeeScript)とかを使って作りました。
vue.jsとcreate.js,underscore.jsあたりを使っています。モダンですね。

蔵本モデルの詳しい話はシミュレーターのページに書いてあるので、興味のある方はご覧になってください。
新歓展示当日は僕は展示場所にいるかはわかりませんが、いなければ13ざくろくんが彼の展示物と一緒に展示してくれているはずです。

それでは皆さんぜひお暇ならロ技研新歓展示に足を運んでみてくださいね。

RadixHeap紹介

東京工業大学第5類の森田です :)



めっちゃ突然ですがダイクストラ法あるじゃないですか、最短経路を求めるアレです

あれってHeap使うじゃないですか priority_queueとかそういうのです

そのHeapで速いやつでRadixHeapってのがあるんです

今日はそれの紹介をします。

コレです↓
色々なダイクストラ高速化

人生で真面目にスライドを作る機会が無かったので死ぬほど大変でした。
練習しておかないと数年後研究室配属したとき確実に大変なことになると実感しましたね。
頑張ります 


以上森田でした、ではでは〜 
ギャラリー
  • ABUロボコン結果報告
  • スマホから部屋の電気をつけてみた
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • MakerFaireTokyo2017に出展します
  • たのしいロボット帝国 製作物紹介
記事検索
最新コメント