この記事はrogy Advent Calendar 2016 12日目

ジープの話をすると言ったな?あれは嘘だ。

ジープだけじゃ間が持たんしそもそもrogyに関係がない。
しかしそれ以外にネタもないが登録した以上書かないわけにもいかない。

それじゃあ何が始まるんです?





コマンドーで学ぶ軍用トラックだ。
どのみちrogyと関係がないって?面白い奴だな、気に入った。

部室にコマンド-のDVDがあるだろ?これでできた。

ではさっそくコマンドーについて説明しよう。
コマンドーは映画だ。
もし知らないという人は今すぐDVDを借りてくるように。
なお内容については高校あたりですでに習っているはずだから省略する。

今回話すのはコマンドーに登場する軍用トラックについてだ。
コマンドーにおいてはよく燃えるオチ担当だな。
ドンパチやる映画だから当然兵器類も多く出てくるが今回それらには触れない。
なぜなら私がよく知らないからだ。適当なことを書くと私が燃やされかねない。

これから書くことは自分が持っている知識6割とネット上に転がっていた情報4割で構成されている。
鵜呑みにせず各自真偽を確かめるといいだろう。


いよいよ本題に入るが、、、このテンションも疲れるのでここからは普通にやります。


作中で出てくる軍用トラックは私が調べた限り11種類。
それらを登場した順に説明していきますので、この記事を読み終えるころにはトラックに詳しくなっていることでしょう。
ところでコマンドーwikiが当てにならないから5時間かけて見直したのは内緒な。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず登場するのはWC56というダッジ製の3/4tトラックです。
ベネット御一行が島に着いて船から乗り換えた車です。

commando_WC56_01
commando_WC56_02

WC56に限らず丸フェンダーのピックアップトラックを見たら大体の場合3/4tのウェポンキャリアだと思って差し支えありません。ウェポンキャリアと呼ばれるものはWCシリーズの他にもM37(ダッジ)やQ4W70(日産)、FQ(トヨタ)、HQ(トヨタ)、…とたくさんの種類があり、それぞれが非常に似通った見た目をしているため見分けるのに苦労します。

そういった中でWC56がどのような車両だったのか説明しましょう。
WCは第二次大戦中にジープより一回り大きい兵器輸送車両として開発され、バリエーションを含め朝鮮戦争まで使われるベストセラーとなりました。
WCのバリエーションの一つであるWC56は後部座席を有する指揮/偵察車輌であり、後部座席で偉い人を載せて運んだりしていたようです。
WCの中で指揮/偵察車輌は他にもあるのですが、ボンネットの形からWC56かWC57に絞ることができます。この2つはバンパーにウィンチが搭載されているかいないかの違いであり、画面に映らないため確定させることができませんでした。
(登場時間:43:12~43:31、44:54~45:12の約37秒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WC56でしばしドライブののち屋敷に入ったシーン、ここに4台の車が映っています。
一番手前の車、というかゴルフ場のカートみたいなやつですがこれは詳細不明です。調べたのですがこの時代の米軍で使われていたカートの情報が見つからなかったためスルーします。
(登場時間:44:54~45:00の約6秒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、カートは正直どうでもよくて手前から3番目の車、これこそジープの中のジープ、ジープのオリジナルであるウィリスMBです。これを紹介できれば本記事の目的の98%は終わったも同然。このシーンはわかりづらいので別のシーンの画像をどうぞ。

commando_MB_02
commando_MB_01

どうです?美しいでしょう?

 MBはアメリカが第二次大戦に参戦するにあたって迅速に展開可能な小型トラックの必要性を感じて1/4tトラックの開発を要請し、その要請に応じたバンタム、ウィリス、フォードの3社の競争と統合を経て生み出されたトラックです。最終的に受注を勝ち取ったのはウィリス社ですが、小さい会社だったため生産が追い付かないだろうということで同型車輌(GPW)をフォード社にも作らせたという珍しい経歴になります。
また開発当初はジープという名前はなかったのですがいつの間にか呼ばれるようになったとかなってないとか。実のところいつどんな理由でジープと呼ばれるようになったか定かではなく諸説あるのでここでも言及は避けます。なにはともあれ覚えておいてほしいのはジープとは本来この車を指すということです。

1/4t積載の汎用トラックとして開発されたMBは基本性能の高さから様々な改造が施され、あるものは自走砲台として、またあるものは救急車として第二次大戦を駆け抜けました。低いシルエットは敵に発見されにくくするため、左右分割のフロントガラスは被弾時の被害拡大を防ぐため、ボディより前に突き出た前輪はどんな坂道でも進むため、と全ての箇所に軍からの要求が組み入れられていて、こんな短い文章で語りつくすことはできません。

しかし戦後M38からM38A1へと進化を続け、民生仕様のCJシリーズが展開されて現在まで続くジープブランドが生き残っていることを見れば、その原点であるMBの設計が優秀だったことは言うまでもないでしょう。※三菱ジープはCJ-3のライセンス生産が始まりです。
(登場時間:44:54~45:00、52:09~52:12、1:13:56~1:14:27の約30秒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クックとのバトルを終え、港の倉庫へ侵入するシーンでは様々な車がごちゃごちゃ置かれています。しかし残念なことにほとんどが戦闘車両なのですっ飛ばして奥の方にある2台だけ紹介します。

commando_M35_01

左側にいるのは先述のMBで右側にいるピックアップトラックがレオモーター社製M35です。
平面で構成されカクカクした形状が特徴的なこのトラックは大戦後に開発され、その能力の高さからカナダや韓国でも使用された経歴を持っています。M35は2.5t積載のトラックシリーズの一つとして設計され、シングルタイヤのM34に次いでダブルタイヤに改良されM35として採用されました。

MB同様に左右分割ガラスを採用し如何にも軍用車といった出で立ちをしています。M34とM35はタイヤの数でも見分けられますがこの画像からはタイヤが見えないためヘッドライトから見分けましょう。ヘッドライトがフロントマスクの上側についているのがM35で下側についているのがM34です。

ついでに興味深いので紹介しておくと、改良型のM35A1及びM35A2では軽油の他にガソリンやジェット燃料も使用できるマルチフューエルエンジンが搭載され戦地での燃料補給を容易にする工夫がなされました。
(登場時間:52:09~52:11の約2秒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてアリアス陣営の中で最も働いたであろう水上機もとい羽根の付いたカヌーを飛ばそうと乗り込む二人を阻んだ車がM38A1です。名前から分かる通りM38という車の改良型です。とはいえM38とはまるで違った見てくれなのでホンマに同型車か?というのが正直なところです。


commando_M38A1_02
commando_M38A1_03
commando_M38A1_04

これがM38A1で、あとで出てくるのがM38。

M38A1まではウィリス社製なので正真正銘のジープです。ボンネットがジープらしからぬ丸みを帯びているのが最大の特徴で、これまでより強いエンジンを載せたら収まらなくなっちゃったぜってことで高くしたみたいです。

劇中のM38A1は特装車ってわけでもなさそうなので他に特にいうこともないんですが紹介が短いのも寂しいのと、このあたりのジープは軍と民間との間でジープの開発順がややこしいことになっているので少し説明します。まず軍用にMBが製造され、余ったMBを民間販売したものがCJ-1(Civillian Jeep)です。その改良型としてM38が軍用に開発され、M38をもとに民間販売したのがCJ-2です。次は順番がひっくり返ってCJ-2の改良型である民間型のCJ-3をもとに軍向けに開発されたものがM38A1です。どうです?嫌になったでしょう?

何が言いたいかというとジープを作っていたウィリス社は全社を挙げて米軍向けの車を作っていたためその時代に民間販売していた車はほとんどそれらを小改良していたものだったということです。そのため戦後ウィリス社は売れる民間車をあまり作ることができず潰れてしまいました。ちゃんちゃん
(登場時間:1:01:20~1:01:26、1:01:56~1:01:57、1:02:12~1:02:58の約1分) ←めっちゃ長い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

だんだん疲れてきましたがまだまだ続きます。物語が進み買い物を済ませたメイトリクスが島に上陸を果たしました。双眼鏡で偵察を行うメイトリクス...はい、そこで再生を止めて!

commando_M135_02
commando_M34_01

港の倉庫前に4台並んだトラック群を見逃さないでください。一番手前と2番目の車はGC製M135です。こいつは2.5tトラックシリーズのひとつでM35の前に使われていたものです。丸いフェンダーが時代を感じさせるでしょう。

似た見た目のトラックにM135の先輩であるCCKWがありますが、これはフェンダーの曲がり方で区別しましょう。じっくり見比べると分かります。僕自身このトラックはよく知らないのでここまで。
(登場時間:1:11:04~1:11:05、1:11:10~1:11:12)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラック群シリーズ第2弾!4台のうち一番ちっこい奴、これがフルアルミボディが奢られた海兵隊向けジープであるM422です。

commando_M422_01

海で使うからさびる鉄は使わないぜ!ってことでアルミをふんだんに使った高級車というだけでなく、船に積むのにできるだけコンパクトにしたいという要望からあらゆる出っ張りを収納できたりするらしくこれはこれでよく考えられた車であります。軍用車なので当たり前と言えば当たり前ですが要求仕様が先にあって外観が後からついてくる面白い世界ですね。ボンネットが平面を基調にしながらも段差があったり、ジープにしては珍しく前輪がボディより後ろに引っ込んでたりと特徴しかないです。
(登場時間:1:11:04~1:11:13の10秒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラック群シリーズ第3弾!一番奥にいるのがM34です。(3枚目の画像では手前側)

commando_M34_01
commando_M34_02
commando_M34_03

さっきM35のところで説明したので生い立ちは省略。M35と見分けるポイントはヘッドライトがフロントマスクの下半分にあるところと後輪が1列であるところです。
(登場時間:1:10:07~1:10:14、1:11:04~1:11:13、1:11:43~1:11:44の約17秒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物語も終盤に差し掛かり、死ぬほど疲れていた友人が飛行機から降りた後のシーン。アリアス大統領(笑)が指示を出した直後のシーンで一瞬現れる車がフォード社製のM151です。

commando_M151_01

M151はM38A1の後継車として米軍に採用された比較的新しい車です。時代で言うとベトナム戦争の頃で、見た目の特徴としてまずは圧倒的存在感を誇る横スリットのフロントグリルでしょう。実はジープ伝統の縦スリットはウィリス社の商標権だかなんだかを持っていたために使えず横スリットにしたらしいです。そんなこともあってM151をジープというかどうか議論がありますが、一般にケネディジープとも呼ばれているのでどっちでもいいんじゃないですかね。

二番目の特徴はプレスを多用しフォード社の技術力をこれでもかと見せつけたモノコックボディです。従来のジープははしご型シャシが強度を受け持ちボディが乗車空間を受け持つフレーム構造を取っていましたが、M151ではボディの一部が大きな箱を形成して強度の一部を受け持つモノコック構造が採用されました。軍用車としては珍しい構造で良いところ悪いところあったようです。軽く作れるのはいいことですがけん引すると歪んだという話もあります。

またボディ構造ではなくサスペンション周りに設計ミスがありよく横転するという特徴もあります。きっとあのカカシ達も横転していることでしょう。サスペンションの不具合は致命的だったらしくすぐさま改良型のM151A1が製造され、その後M151A2に置き換えられました。

この3車種はフロントフェンダーから比較的簡単に見分けがつくので覚えておくと役に立つかもしれません。まずフェンダーが横一線なのがM151、フェンダーに小さいウィンカーがついているのがM151A1、フェンダーの一部がへこんで巨大なウィンカーがついているのがM151A2です。たぶん
(登場時間:1:12:14の一瞬だけ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

島がドンパチ賑やかにがなってすぐ、「おい、こっちだ」の掛け声とともに4人目の犠牲者が出たシーン。ここで後ろにぼんやり映っているのがウィリスM38です。説明が前後しましたが先述のM38A1の先代にあたります。

commando_M38_01
commando_M38_02
commando_M38_03

MBとよく似ているため間違えられやすいですが、見分けるポイントは2つです。まずはMBと比較して出っ張ったヘッドライトです。MBが奥目なのに対して出目金とも表現されます。二番目が一枚板のフロントガラスです。分割ガラスにするとダメージコントロールできるのはいいけど手間かかるわ~ってことで一枚板にしたっぽいです。効率化は大事です。
どうでもいいんですがド派手に爆発するシーンで映ってるM38が撮影のためかボディの切り欠き形状がおかしいんですよ。

commando_M38_04

目立つシーンなのでそこはこだわってほしかったですね。
(登場時間:1:12:36~1:12:38、1:12:57~1:13:05の約10秒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に紹介する車は戦闘終盤に兵士をしこたま積んで出発したあと何もしないうちに説明書を読まないメイトリクスにロケラン一発で破壊されたウェポンキャリアM56です。

commando_M37_01

丸いフロントフェンダーとサイズからさっき覚えたWCシリーズだと思ったでしょう?

残念!後継の別車種でした!

実のところ僕も最後の最後までT214世代でオープントップ且つピックアップトラック仕様、ダメ押しでウィンチ無しのWC51だと思っていました。しかしWCシリーズのライトガードは大福のように下側が平らで上が楕円形か、よりRの小さい包丁の刃先のような形をしているので何か違うなぁと引っかかっていました。

そこでさらに調べるとWCシリーズの後継でM37トラックのバリエーションの一つであるM56に同じ形状のライトガードを搭載していることが分かり特定に至ったというわけです。正直ウェポンキャリアの識別は軍用トラックの中でも屈指の難易度を誇っていると思います。
(登場時間:1:14:07~1:14:28、1:27:25~1:27:33の約30秒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?


WC56、MB、M35、M38A1、M135、M422、M34、M151、M38、M56と10車種の説明を終えましたが覚えられたでしょうか?

無理ですね。最後に分類だけ覚えて今後の検索に役立ててください。

MB、M38、M38A1、M151、M422    …1/4tトラック(ジープ)
WC56、M56            …3/4tトラック(ウェポンキャリア)
M135、M34、M35            …2.5tトラック

コマンドーには有名どころの米軍トラックが一通り登場するのでこれ一つで大まかにわかるようになるんです。このことからもコマンドーのすばらしさを感じ取れますよね。

これらの車両に興味が出てきたらご連絡ください、沼に沈むのに免許は要りませんから。




明日のAdC担当はJavaの伝道師ymduu!よろしくな!!!!