部長のまーぼう(@mabo_207)です。
これはrogy Advent Calendar 2016の2日目の記事です。 (その2もありますよ!どんどん書いていこう!)

1日目の記事はこちらです。これから書く人はタグ付けやカテゴリ分けを忘れないようにね。

さて、今年もAdvent Calendarをやる事になりました。2日目は部長として今年の振り返りをしたいと思います。大晦日の「今年は〇〇な年だった」を早めにやってしまい、年末はこたつに入って何も考えずダラダラしよう、という魂胆です。

例年、ロボット技術研究会の部長は1月に替わるようで、私も今年が始まっていきなり部長に就任しました。

4月は新入生が入学し新歓を行いました。14・15世代の新入部員が他の代に比べて非常に多く、入部員数はそれらよりは少なかったのですが、9月のF^3RCでは例年より精力的に活動しているように見えました。

10月の工大祭では、例年の教室展示と違い体育館での展示になりました。トラブルもそこそこありましたが、多くの人が来場して下さり、良い展示になりました。


今年あった大きなイベントというのはこのような感じでしょうか?まとめると、「例年通りの活動をしてました。ということです。今年、部に大きな変化は特に無く、平和な1年でした。平和っていいね!( b'ω')b



……これで終わりだと寂しいですね。という事で本題に入ります。タイトルは

年末(コミケ)に悔いを残さないための
(デジゲー博の)振り返り

となります。主な内容は「展示会に参加する際の事前準備について」です。

 

 

デジゲー博とは?

デジゲー博とは、同人ゲーム、インディーゲームの展示・頒布のイベントです。例年11月に行われています。
今年は第4回でした。

参加してきました

私は一昨年にこのイベントを知り、去年はGAME^3で知り合った ミツゴロウ さんの所で展示の手伝いをしてました。今年は、製作中のSRPG「うえぽんでこれーしょん!」の体験版がデジゲー博の時期に出せそう、ということと、C91に完成版を出展するので、出展の練習になればいいなと思いデジゲー博に応募する事に。去年の手伝いの様子を思い出しつつ準備を進めていきました。
頒布した物は前述のとおり体験版、無料で20枚頒布をしました。スペースはB04-b「麻婆飯店」です。(ロボット技術研究会で出展したわけではなく、個人で出展しました)

まずは物品購入!

展示をする際に工大祭のように試遊パソコンを置くだけ、だと寂しい展示になってしまいます。そのため、ある程度は展示スペースを整えたいと思い、デジゲー博1週間前に買い出しへ。商品についてのコメントを書いていますが、個人差があると思います。

CDとCDケース

ゲームのデータそのものを入れるCDと、CDを入れるためのCDケース(写真撮り忘れました……)。CDケースは布製の物ではなく、プラスチック製の物を使いました。理由としては、インデックスカードを入れてみたかったためです。
DSCF0574

インデックスカード

最初は普通の紙の物を買いました。しかし印刷してみた所安っぽい感じが出たので、写真用紙のような光沢紙を用いました。値段がだいぶ高くなったけども。
DSCF0575DSCF0579


CDラベルシール

紙製の物を買いました。しかし、厚みがそれなりにあることに試し刷りした後に気づく。用紙の注意書きを見ると「詰まる可能性があるので、スロットイン式のCDドライバで用いないでください」の文字。ここで初めてCDに直接印刷しないといけないことに気づいた。無駄使い。
DSCF0578

レジェメ用写真用紙

A4の光沢紙の物を購入。ここがどのブースなのかが分かるようにしておくと便利かな?と思って用意しました。ついでに操作説明や紹介文などを書いた説明書きも印刷しておいて用意しましたが、プレイ待ちの人に見せる等ができて思った以上に便利でした。写真用紙単体だとペラペラなので裏に厚紙を貼っておくとなお良いです。
DSCF0580

スタンド

A4の紙がちょうど置けるくらいの物を買いました。分解が可能で持ち運びをする際に嵩張りづらく便利だったと思います。レジェメを置くのに利用しました。
DSCF0583
image10


ミニスタンド

アクリル製の小さい物。CDが置けるくらいの大きさ。CDケースを開いても閉じても置けたので、CDを見せる際にはこれがあれば十分だと思います。
DSCF0581

値札ケース

縦の大きさが名刺サイズの物。名刺を入れるために使いました。デジゲー博では名刺を1枚みせるためだけに使ったけども、コミケ本番では値札を作る必要があるので2個必要だと判断しました。
DSCF0582

敷布

110cm×120cmの物を購入。柄は自分の好きな物で問題ないと思います。作品のキャラが出てくる布を使う神絵師などがいるけども、これはもちろん例外。展示イベント中は机の下に荷物等を置くことがあるので、それらを隠せるよう机の全面まで隠せる大きさの布を買うべきだと思いました。だいたい机の高さは80cmだと思ってこの大きさにしたが、デジゲー博での問題は特になかったです。今までに上げた写真の柄の布を実際に使いました。

マスキングテープ

コミケの売り子をした事がありますが、そこでちょくちょく使用していたのを思い出して購入。敷布をとめたり、スタンドを止めたりできて必須品。

買った物をまとめるとこの通り。
詳細価格と個数購入場所
CD50枚入り。1360円 × 1ヨドバシカメラ
CDケース10枚入り。薄く黒かった。358円 × 2ヨドバシカメラ
普通紙インデックスカード50枚入り。見た目が微妙。320円 × 1ヨドバシカメラ
光沢紙インデックスカード20枚入り。綺麗に仕上がる。440円 × 2ヨドバシカメラ
CDラベルシール40枚入り。スロットイン式では使用不可。440円 × 1ヨドバシカメラ
スタンドA4の用紙くらいの大きさの金属製の物。810円 × 1東急ハンズ
ミニスタンド開閉の状態に関わらずCDが置けるアクリル製の物。378円 × 1東急ハンズ
値札ケース縦が名刺サイズのアクリル製の物。70円 × 2東急ハンズ
マスキングテープ柄のあるもの。普通のものでも問題はない。259円 × 1東急ハンズ
敷布120cm×110cmの物。1540円 × 1OKADAYA

その他必要だったもの

この他に実際に使った物も紹介しておきます。

スピーカー

PC内蔵のスピーカーだと音質が悪いと思ったために持っていきました……が、こいつも音質が良いものではなかったので別に必要なかったかもしれないです。

ゲームパッド

ゲームパッドに対応してるゲームなら持って行くべきだと思います。人のPCのキーボードって操作しづらいし。

ダンボール等の入れ物

名札ケースやミニスタンド等、持っていった物が小さいものばかりだったので、持っていくための箱が欲しかった。自分はリュック+手提げカバンで会場まで行ったのでダンボールだと入れづらかったが、スーツケースで行く人は入れやすいんじゃないかな?

梱包材

ラッシュ時の電車、人口密度が高い会場周辺でCDを守るための梱包材。特に頑丈じゃないCDケースを使っている人は用意しておいた方が良いと思います。

ガムテープ

ダンボールで運んだので、無理やり蓋をするために使いました。

前日(?)準備

物品の説明が終わったので、前日準備がどんなものだったかを書いていきます。

前日7:00@家

インデックスカードを予め印刷しておきました。CDのレーベル印刷は部室でしかできないので部室へ向かいます。

前日19:30@部室

体験版に実装したい事と実装し終わり、デバッグ作業も終わったのでレーベル印刷を開始。CDにデータを焼くのと同時進行です。

前日21:45@部室

印刷&CD焼き終了。夕飯を食べて帰宅。

当日1:00@家

帰宅して休憩してから残り作業の開始。録画していた「NEW GAME!」を3話から垂れ流す。
・レジェメ作りと印刷
・名刺作りと印刷
これらをやれば問題ない、と思って頑張り始めました。
今日も一日頑張るぞい!

当日5:30@家

作業終了。アニメは最終話に突入して「寝る暇がない」事に気づきました。
aoba1


当日7:10@家

のんびり朝食を食べた後、会場の秋葉原へ出発。

当日の様子

電車の乗り過ごし等があり会場には9:30頃に到着。手伝いのやむどぅ君と設営を進めます。事前にこういうレイアウトにしようと決めていたのでスムーズに設営ができ、9:50頃に終了。
DSCF0572

(前の講習会でもらったシールを貼りっぱなしにしたせいでとある企業の回し者っぽくなってしまったのは反省してます。回し者ではないです。)

あまりに早く終わってしまったので、知り合いのブースやTwitterで知り合った人のブースに挨拶しに行ったり、気になるブースの所の様子を見に行ったり、お隣さんと話をしていたりしました。いつの間にか開場の11:00に。
デジゲー博は11:00~16:00。知り合いの人がチラチラと顔出しに来てくれたり、SRPG好きの人が楽しく遊んでくれたりで、楽しい時間を過ごせました。ただ、徹夜が響いていたので途中30分くらいブースで寝てました(汗)。1プレイがどうしても長くなるゲームなので待っている人のためのレジェメが何回か活躍してました。体験版20枚はなんとか捌けました。
会場でプレイしてくださった方々、またデジゲー博を運営してくださった方々、ありがとうございました!

反省点

良かった点をここで語ると長くなりそうだったのでこの記事では反省点のみを書こうかと思います。

名札提げを忘れた

多くの展示者が名札提げに名刺を入れてました。あると自分がブースの人だよ、っていうのが分かるし、挨拶行く時とか楽だなぁと思いました。

PC台が無かった

PCを載せる台があると良いと思いました。というのも、展示会は工大祭と違ってゲームする人は立ってプレイするのですが、机が低いので画面が体のお腹らへんの位置にある場合が多く、見辛そうにしてたからです。自分の場合はダンボールで即席の台を作ったのですがしっかりしたものを用意したかったですね。

レジェメにプレイ画面があるものが無かった

レジェメを用意したのは良かったのですが、「操作・ゲームシステム説明用」「ゲーム概要説明用」の2つしか用意してませんでした。プレイ画面があるようなスクリーンショットばかりの物があった方が見栄えが良かったなと思いました。

終わりに

という事で、私のデジゲー博の振り返りの記事でした。ここまで読んでくださった方々、ありがとうございます。展示会に行く時、どんな準備をすれば良いかの参考になれば良いなと思います(特にロボット技術研究会自身は展示会の出展経験が少ないし)。
また、コミックマーケット91ではロボット技術研究会が「1日目(12/29,木)西ほ41b」に出展してゲームや部誌の頒布を行う予定です。私もこれとは別にサークル「麻婆飯店」として1日目西へ16aに出展してSRPG「うえぽんでこれーしょん!」の完成版を頒布をします。足を運んでいただけると幸いです。
情報はここからどうぞ。
ロボット技術研究会→ @titech_ssr ,麻婆飯店→ @mabo_game

明日のrogy Advent Calendar 2016はよすぽ君の「今年は真面目に書きます(Fenwick TreeとIntel AVX2について書く予定です)」となります。乞うご期待!