はじめまして。ロ技研でアシスト研の15 小林といいます。
主に電子工作をしています。

今日は部室3DプリンタのFlashAir化について書きます。


THE pr
これは、ロ技研の部室にある3Dプリンターです。

この3Dプリンタは、SDカードのファイルを読み込む方式のため、プリントする時は
①まず部室のPCにSDカードを刺し、.zcodeファイルを生成して書き込み
②そのSDカードを3Dプリンタに挿し替え
③そしてプリンタ本体で操作する
という手順を踏まなければならず、面倒でした。

そこで3DプリンタのSDカードをFlashAirに替え、部室netに接続することが出来れば無線LAN経由でファイルを送信できるので、SDカードを挿し替えることなくプリントを行うことができ便利だろう
ということで、実装してみました。


DSC_0167
今回使用した「FlashAir」です。

このFlashAirは、SDカードの形をしていて、挿した機器には普通のSDカードとしてふるまいながらも、無線LANを内蔵していて、SDカード内のファイルを無線経由で共有できるという製品です。FlashAir内にWebサーバーが内蔵されていて、SDカード内のファイルをHTTPのGETで取得したり、POSTで書き換えたりできます。

詳細な設定方法などは研究報告書に書くとして、使い方を説明します。



--------3DプリンタのFlashAirの使い方--------

①3Dプリンタの電源が入っている状態でないと無線LANが繋がらないので、まず電源を入れてください。(電源を入れてからLANに繋がるまで少し時間がかかります。)

②FlashAirにアクセス
pr1
部室パソコン(右側)の場合は、デスクトップの右下に「3Dプリンター FlashAir」というアイコンがあるので、これを開きます。

自分のパソコンで接続したい場合は、パソコンを部室NETに繋いだ状態でブラウザを立ち上げ、アドレスバーに " http://3dprinter/ " と入力します。(これで繋がらない人はプリンタの近くに貼ってあるipアドレスを入力してみてください。)
pr2
3Dプリンターに刺さっているFlashAirに現在入っているファイルの一覧が表示されます。 

③ファイルを転送
ファイルをFlashAirに転送する時は、②の画面の下の方の「アップロード」というリンクをクリックします。
新しくタブが開きます。
pr3-0
ファイルを選択」をクリックし、
pr4
これからプリントしようとする.zcodeファイルを選択しOKで閉じ、
pr5-0
最後に「submit」ボタンをクリックすると転送が始まります。
読み込みが終わってから(上のくるくるpr6-1に注目)”Success”と出たら転送が完了です。
これで3DプリンタのSDカードに.zcodeファイルが書き込まれました。
タブを閉じて前の画面に戻り、「更新」ボタンをクリックすると、いまアップロードしたファイルが追加されたのが確認できると思います。
pr7


PCの操作は以上です。あとは3Dプリンタを操作してプリントを開始できます。
もし直前に転送したファイルがプリンタで表示されない時は、一度メニューに戻ってから再度ファイル一覧に移動すると表示されるようになります。

--------------------------------

操作方法は以上です。是非利用してみてください。

_20160611_005043-0
これで、上を向いていてごみの入りやすいSDカードホルダーを完全に閉じることができ、ゴミが入って故障するリスクを減らすことができました。

ところで上の写真の右のほうと画面の下あたりに何かありますが、
これは「twitterの3Dプリンターbot」のための機器です。
次回はこの3Dプリンターbotの紹介をします。