IMG_20150722_134750[1]
こんにちは! そしてはじめまして! '14年度入学のたくあん(@matiouke)です。たのしいロボット帝国二代目国王でもあります。 

ええ、実は帝国は引き継がれていたのです。この記事でこっそりブログ更新していたり、他にも活動していたり、、。それに伴い、たのしいロボット帝国のコンセプトは

「ロボロボしいロボットを」「1から10まで」

になりました。 間違いなくロボットだ! っていう研究室がほしかったんです。メンバーは今(先代国王のきむさんを含めて)5人です。随時募集中です。

さて、そんなわけで国王の最初の仕事は他研究室へのアピールからです。ロ技研には、研究室ごとに「領域」という荷物置き場が与えられます。
IMG_20150722_134910[1]
 でも、なんだか地味……。じゃあなんか派手な看板を置こう! となりました。そして色々な人に相談した結果、
動くことに。
看板なのに。まあたのしいからいいでしょう。そして国民である高田さんと協力して、レーザー加工機(詳細はこちら)で、エイヤっ! とします。
IMG_20150722_134358[1]
その過程で出たジャンク。それすらもなんだか華やか

ところで読者のみなさんは遊星歯車をご存知でしょうか? え? 知らない?あの超人気アニメ「放課後のプレアデス」にも登場しているのに!? 
5251b8a7
 
このあたり。細かいところにもよくこだわっているいいアニメです。

 遊星歯車とは、「太陽歯車」「内歯車」「遊星歯車」という夢溢れる3種類の歯車を組み合わせて、回転速度を変更する(工学においては減速と言う場合が多いです)ものです。今回はその中でも内歯車固定タイプです。

できたパーツを組み上げていきます。 
IMG_20150722_132518[1]
 計10個の遊星歯車は位置合わせの紙の上で。ちゃんと全ての歯車が等間隔かつ同じ向きを向けるよう設計しています。

余談ですが、歯車は一般に歯数が出来るだけ同じ因数を持たない方がいいとされています。同じ歯同士が当たり続けると、欠けやすいからです。なので私は全ての歯が素数になるように設計しました(za=97,zb=23,zc=143)。そのため、同じ盤目にするためには、その数全て掛けた319,033の数だけ歯をぶつけなければならないのです。いやー、美しい。

で、出来ました(一番最初の画像)。 右側はコルクボードになっていて、好きなものを貼り出せるようになっています。進捗状況や、やってみたいこと、ユーモアあふれるセリフなど、好きなものを(国内外問わず)貼ってくれたらな、と思っています。フォントは名残雪さんのキルゴを使用しました。この場を借りてお礼申し上げます。

動画はこちら。

結構するする動きます。一番奥がMDF(合成の木の板) で材料が違うこと、内歯車の回りのねじで微調整が出来ること、辺りがうまく聞いているのでは? と思っています。

 そしてたのしいロボット帝国の領域が出来ました!
IMG_20150722_135432[1]
それでは、今後のたのしいロボット帝国をよろしくお願いします! 以上、たくあんからでした~