こんばんは、きたろーです。

ブログ開設から1年が経ちます.
この1年に約50人が132の記事をブログに投稿しました.
活発な更新は非常に喜ばしいことです。
しかし!
「読みにくい!」
「カテゴリー見てもわけわからん!」
「タグもタグクラウドもカオス!」
「研究室多すぎF〇ck!」
という声も聞こえてきます.

そこで今回は最古参きたろーがこの1年に投稿された記事を,
読者視点で整理して並べちゃいます!

◇ローカル用語の説明◇
当サークルメンバーは自分たちのサークルを「ロ技研」「rogy」などと称します.
当サークル内に多数ある1人~15人程度のチームを我々は「研究室」と呼んでいます.
大学で一般的に使われる「研究室」とは異なるものです.

◆誰にでもオススメ記事
掲載写真が多く当サークルの現在の活動内容を大雑把に把握するのにベストな記事です。(NHK大学ロボコン,ゲーム系の展示はあまり載ってません。)
この記事も作品が複数載っていておススメです。

◆当サークル自体に興味のある方
新入生で当サークルに興味のある人達に読んでいただけると良いかも。
当サークルの年2回の研究報告会です。1番まじめなイベント
研究報告会 <前期><後期>
研究報告会よりもずっとゆるい感じのrogyゼミ
不真面目な日常に関する記事(関連カテゴリ:rogyの日常イベント)
展示会の見学に行ったり,旅行に行ったり,猫と遊んだり,そんな日常です。
4月 <新歓展示>

◆完成作品を見たい方
「途中経過は良いから,完成した物を見せてくれよ」という方に。
(だいたい投稿順です) 
機械+電子制御の作品(メカトロニクス系の作品)
 ・Robo-one機体(二足歩行ロボット)
 ・ロボットアーム byきむきむ
 ・ロボットハンド<その1><その2> byとりてん
"VR jubeatコントローラ"
"3輪オムニホイール全方向移動車"
"クモ型8脚ロボット「VORAS」"
"マイクロマウス「カブトガニ野郎」"
"迷路探索シミュレータ"
 ・連装砲ちゃんロボ byきむきむ
 ・自作クアッドコプター"Quadruptor"<前編><後編> by ところ
 ・玉乗りロボット by 井土
機械メインの作品
 ・かわさきロボット競技会参加機体 <ロギテック><ロギテック&ナマケグマG。>
回路メインの作品
 ・電波時計 by 飯田
 ・フルカラーLEDTITECH by もりゅー
ソフトウェアメインの作品
 ・流体シミュレータ by rejell55
 ・部室人、多い?(人数測定) by あってぃー
ゲーム系
 ・弾幕STG byおーま
 ・3Dアクション「The Hurdle」by HTG
 ・3Dシューティング「テックスペース」by ysk
 ・落ち物パズル by やけぬる
 ・SRPG by まーぼう
 ・3Dメカアクション 「ARMED CORE」 by Linea
 ・3Dアクション 「魔物と少女の物語(仮称)」 by HTG
物理実験
 ・霧箱 byしたろう

◆途中経過が見たい方向け#この部分はまだ鋭意編集中です。
途中経過を書いた記事達。中には凍結してしまった作品なんかも。
メカトロ系
機械メイン
回路メイン
ソフトウェアorゲームメイン
物理メイン

◆コラム系の記事まとめ
技術紹介であったりイベント参加だったりコラムっぽい記事達。
したろう
きたろー
 イベント<展示会で作品を見るコツ>
 イベント:これ何の役に立つんですか<前半><後半>  
武帝
すいぼう
 回路:FPGAでプロセッサを作ろう<vol.0><vol.1>
ところ
ymd
タイビィ
井土
リーダー
らりお
マハト
◆研究室(チーム)紹介系記事まとめ#この部分はまだ鋭意編集中です。
どこのチームに所属しようか悩んでいるロ技研メンバ向け.
最近ロ技研は個人活動が多くなりがち。1人で独創的な物を作るのも良いですが,
他の人と協力したらもっと凄い物ができるかも。

◆お知らせ系の記事
イベントのお知らせや大学ロボコンチームの審査通過のお知らせなど。
あんまり振り返って読むことはないかも?
◇当サークルメンバーへ業務連絡◇
・この記事はきたろーの独断と偏見によります.もし内容に誤り、リンクミスなどがあった場合には@kitaro4017に連絡をお願いします
・この記事はブログが更新されるたびに僕が付けていたメモによって構成されています.なので僕がブログの記事を拾い落としてる可能性があります。そんな場合は即修正しますので@kitaro4017まで連絡願います.
ブログのガイドラインを守っていない人多すぎ!(半分以上の人が守ってない)。ガイドラインの内容はまだ十分では無いですが,最低限ガイドラインの内容を守りましょう.
・タグやカテゴリの再整理&つけなおしとガイドラインの見直しが必要だと思います。特にタグ関連。あとガイドライン制定前の記事にもタグとカテゴリをつけましょう!
・各研究室の方は研究室紹介記事に「研究室紹介」ってタグをつけてほしい。研究室紹介してない研究室は新しく記事書いてほしい。  
・新しく記事まとめを作る場合にはこの記事の情報をパクって構いません。